MENU

学生の場合のクレジットカードの審査について

クレジットカード,学生,年収

もしも学生がクレジットカードを発行してもらおうとすると、金融会社はどういった内容で審査をするのでしょうか。

 

社会人がクレジットカードの申し込みをする時には、年収や、どんな会社に勤めているか、勤続年数が何年かなどを確認します。

 

金融会社としては、貸したお金を確実に返済してくれる顧客にだけ融資をしたいわけですから、
審査の段階できちんと調べるのは、当たり前のことです。

 

学生の場合には、社会人では無いので、アルバイトでの収入額や何年生なのか、留年していないどうか等について審査するのでしょうか?

学生の場合は審査はどこをみられるの?

一般の人のクレジットカード審査と、学生のクレジットカード審査は勝手が違います。
学業成績がいいかや、アルバイトで収入を得ているかは、審査では無関係です。

 

学生用のクレジットカードの場合、保護者が審査の対象になります。
その場合でも、審査のハードルはそれほど高くありません。

 

その結果、学生向けのクレジットカードは月の利用限度額が10万円~20万円程度におさまっており、かなり低めになっています。

クレジットカード会社は学生カードを作って欲しい

クレジットカードが、学生カードをつくっているのは、戦略の一環です。

 

学生のクレジットカード利用者は、学校を卒業して就職して社会人になった時に自社の優良顧客になってくれる可能性が高いわけです。
自分の収入を得るようになってから、学生のころにつくったクレジットカードから乗り換えるというコトは希少です。

 

そういう観点で考えると、最初のうちは審査のハードルを低くしても、早々に顧客を獲得しておきたいという金融会社の思惑も理解できます。


学生がクレジットカードを作るために必要な年収は

学生がクレジットカードを作るとき、審査がありますが、収入がまったく無くても大丈夫なのでしょうか。

 

クレジットカードの審査では、月々の安定した収入は必須という印象がありますが、学生に対してはその限りではありません。

 

実は、年収がゼロでもクレジットカードの審査に通ることは可能なのです。

 

法律では、お金を借りる時には年収の1/3が上限になると設定されているため、学生は消費者金融会社の利用は断られてしまいます。
自分で稼いでいない学生でもクレジットカードは使えるのは、クレジットカードのショッピングには、貸金業法があてはまらないからです。

 

失業中の人は、クレジットカードの審査には通りにくいことはよく知られていますが、
学生の本分は勉強ですから、学生向けのクレジットカードで働いていないことは問題になりません。

収入がない学生はキャッシング枠は申し込まない

未成年の学生である場合には、クレジットカードの申込み時には、親の同意が必要になります。

 

クレジットカードを発行してもらう時に心がけたいポイントとして、ショッピング枠はともかく、
キャッシング枠は貸金業法が適用されるため、収入がない学生は利用できないということです。

 

そのため、無職の学生やアルバイトをしているけど年収が低いという人は、
キャッシング枠の希望欄をゼロにしておくことが重要です。

 

クレジットカードの審査では、キャッシングの希望を出していると、断られることがあります。
自身の収入があまりない学生の場合、クレジットカードの申し込みをする時には、ショッピング枠の利用だけにしておいたほうが無難です。

 

アルバイトでまとまった収入がある学生の場合は、クレジットカードのキャッシング枠を利用することも可能です。

学生で利用できるクレジットカードの比較

学生でも利用できるクレジットカードは、使いやすさで比較することが重要です。

 

基本的に、それぞれのクレジットカード会社は、学生を専門としたクレジットカードを提供している場合がほとんどです。

 

クレジットカード会社では、学生の申し込みも受け付けているところが多いので、
あとはどのクレジットカードをつくるかを決めるだけです。

 

クレジットカードは、発行している金融会社によってサービスの幅が異なっていますので、
申し込み前に調べてみることも重要になります。

 

使いやすそうなクレジットカードを見つけたら、複数のカードを見比べてみて、どのカードがいいかを決めることです。

 

学生が利用するクレジットカードは、普通のクレジットカードよりも利用額が低かったり、使えないサービスがあったりします。
クレジットカードの利用制限とは、法律的に学生に対してはそのような対処をしなくてはいけないことになっているからです。

キャッシング融資を利用することも想定してみる

クレジットカードには、元々からキャッシング枠とショッピング枠の2つの枠が提供されていることがほとんどです。

 

もしも、クレジットカードのキャッシング枠を使いたいと思っても、
キャッシング枠の利用は法律で定められている上限金額までしか借りられません。

 

クレジットカードの金利を低く抑えることで、利用限度額が高くできなくても、気軽に利用できるようにしている金融会社もあります。

 

学生用クレジットカードで、キャッシング枠を使って融資の申し込みをした時でも、20万円以上の借り入れは認められていません。

 

クレジットカードを選ぶ時は、キャッシング融資を利用することも想定して、
低金利で融資が受けられるところを探すということもいい選択です。

[学生が利用可能なクレジットカードは比較して決める]関連情報